業界の進歩についていけない・・私

以前のファンデーションはリキッドタイプかパウダータイプが主流でしたが、双方共に気を付けないと厚塗り感が出てしまいます。ぼってりとしてしまい、最近主流のナチュラルメイクを完成させる事が出来ません。

 

 

そしてしっかりとクレンジングをしないと落ちない為に、どうしても肌に負担をかけてしまうのです。そこで近年主流となっているのがBBクリームの存在です。

 

 

BBとはBlemish Balmを省略しており、ブレミッシュ(傷や欠点)を補うクリームとしての役割を意味します。

 

 

元々医学的に使う様になり、下地としてもファンデーションとしても使用できる為大変人気があるのです。そして改良に改良を重ね、美容成分が入っているBBクリームや洗顔石鹸で落とせるBBクリーム、化粧を落とさず丸一日過ごしても、翌朝肌荒れどころか肌が綺麗になるBBクリームなるものまで出回る様になりました。

 

 

 

しかもお値打ちになってきているので、とりあえず1本持っておくと助かります。BBクリームの人気を追う様に世に出回ってきたのがCCクリームの存在です。ある日、いつも愛用しているBBクリームの残量が少なくなった為に、近所のドラッグストアにBBクリームを買いに行きました。

 

 

すると以前はBBクリームが占領していた棚の半分に、CCクリームなるものが並んでいるではありませんか。BBとCC・・その違いは一体何?美容成分の違い?気になって調べてみました。

 

 

CCクリームの意味は色々な定義があるものの、COLOR CONTROLの略という説が有力です。

 

 

色補正をしながら肌の欠点を自然にカバーし、全体にトーンアップします。勿論美容成分も含まれていますので、色彩補正の効果を発揮しつつ美容効果も得られる。大変魅力的なクリームになります。

 

 

 

しかし、正直これではBBクリームとCCクリームのどっちが良いのか分かりません。どうやらBBクリームはファンデと考え、CCクリームは下地と考えるのがよさそうです。つまり物にもよりますが、CCクリームの方がよりナチュラルに仕上がる筈です。

 

 

 

しかし上からフェイスパウダーを重ねる場合、パウダーを厚塗りし過ぎたら元も子もありません。気になる分部にブラシでささっと塗る程度で抑え、ナチュラルだけど綺麗な女性を目指したいものです。

 

 

 

自分に合った方はどちらなのか、そしてもBBもしくはCCだと確定しても、どのメーカーの物が合ているのか、値段や美容成分、そして使い心地と色合いをしっかりと吟味しながら、自分にぴったりの1本を見つけてほしいです。